懐 プ ラ 世 代
                           
 俺が小学生の頃は、毎週一箱プラモデルを製作してい
たものだ。細かい部品が多い戦艦を除いて、自動車、船
舶、航空機、戦闘機、潜水艦、建築物(城とか金閣寺、
茶店、屋台物)など、たいていのものは作った。そうし
た実在するもの以外にも、サンダーバードの各号、とく
に2号はサイズ違いも作った。当時は、すべて即日仕上
げであった。(クリーニングかよ)
 ところが、大人になってからプラモデルを作るとそう
はいかない。限られた時間の中で、細部にこだわり、各
部品のバリを取り、完璧な作りを目指し、開かないボン
ネットが開くように改造したり、プラ板で自作の部品を
作ったりして、一週間くらいかかってしまう。
 しかし、壊れやすさは同じなので、そうして本気で作
ったものとて現存するものはない。はかないものだ。
 戦車のプラモデルは難易度が高い。キャタピラがとれ
たり、キャタピラが切れたり、キャタピラがきつくて動
かなかったり、キャタピラがゆるくて空回りしたり、キ
ャタピラの柔軟性がなかったり、するからだ。でも、そ
うした苦労は報われる。座布団の丘を走破したり、積み
木のビルへの攻撃などは、他のプラモデルではできない。
 秀逸だったのは連結戦車だ。その名の通り、2台の戦
車が連結している。
 それのどこがすごいのか。
 階段とかを上っちゃうのである。車を作ると走行のた
めには平坦で広い場所が必要だが、この連結戦車は、ど
んな障害物でも平気な顔をして(実際には顔はついてい
ない。機関車トーマスじゃねぇってばよ)乗り越えて
しまうトンデモナイ戦車なのだ。もし、こんなものが実
在したら、すごいんじゃないですか? 陸自さん。


Copyright ©2020 www.gal-moji.com. All rights reserved.