≠″ャ 」レ 文 字├″ッ ├ ]厶
通勤通学の友。駅間で読める短編小説
「300文字小説」作品集もくじ

幻の味

深夜、繁華街をさまよっていた私たちは、かなり酔っぱらっていた。

「どこですか先輩、その伝説のラーメンってのは? もう眠いっすよ」

「この角を曲がった先だ。あ、あった、あった」

前回は長い行列であきらめた。特製スープの湯気が香る店内に入ると、お客さんはみな一心不乱に食べている。夢にまで見たラーメンだ。

やっと順番がきた。席に着いて注文する。

少し時間がかかりますよと言われた。

「すいません。ラーメンがきたら起こしてください」と、座った途端、後輩はつっぷして寝てしまった。しょうがないやつだな。

ようやくラーメンが運ばれてきた。私はワリバシを割ると、後輩に声をかけた。

「おい、起きろ!」

その声で起きたのは私だった。



(東京新聞:2015年1月25日 入選作品)



Copyright ©2004 www.gal-moji.com. All rights reserved.
ギャル文字ドッドコム