≠″ャ 」レ 文 字├″ッ ├ ]厶
たいくつな電車の中でもだいじょうぶ。どこでも読める短めコラム
人間として最高!もくじ

間違い電話

これは実話である。

「もしもしぃ、○○さん出してください」

こりゃまた、いきなり用件から入ってきた怒っている中年女性の声。

「何番におかけですか?」
「あんただれよぉ?」
「電話で知らない人から、あんただれよっていきなりいわれて、名のるほどのものではございません。再度お尋ねします。何番におかけですか?」
「何番だっていいじゃないよぉ。いいから○○さん出してください。(きっぱり)」
「そうおっしゃられましても、ここには、私しかおりません。しかも、この番号は外部に公開しておりません。したがって、あなたがおかけになった電話番号は現在使われておりますが、間違っています」
「何言ってんだかよくわかんないわねぇ、まったくぅ。いいから○○さん出してください」

ここで、ガチャンと切ってもよいのだが、こういう人は、すぐリダイヤルしてくるだろう。説得するしかないか……。

「わかりました。その○○さんを出してもよろしいのですが、その○○さんにどのようなご用件がおありなのでしょうか。差し支えなければ、お聞かせ願えないでしょうか」
「やっぱり、いるのね。金返してよぉ。はやくぅ」

ぉゃぉゃ……。

「あのぉ、私は人様からお金を借りた経験は生まれてこのかたありませんが」
「あんたじゃないの。○○さん。となりにいるんでしょ」
「見えるんですかぁ?そこから」(一応、ボケてみる。)
「いるんなら、はやく代わってよぉ」(ボケが通じていない)
「どういう状況で、あなたは○○さんにお金を貸したのですか。差し支えなければ、お聞かせ願えないでしょうか」
「それがね、その人昨日うちの店で飲んだあげくに財布忘れたっていうの。そんで飲み代とタクシー代って、あたしから5万借りてったのよん。置いていった名刺みて電話かけているんだけどぉ」
「ほほう。5万ですか……。その名刺にはなんと印刷されていますか。差し支えなければ、お聞かせ願えないでしょうか」
「コム・デ・○○○○○。番号は、×××-××××」

「ほほう。やられましたね」
「え、何が?」
「コム・デ・○○○○○といえば、ネコでも知っている有名ファッションブランド。そこの社員として相手を十分に信用させ、さんざん飲み食いした挙句に財布を忘れたことに気づく。おまけに、タクシー代まで上乗せし、置いていった名刺には、無関係の事務所の電話番号。完璧です!!」(って、おれは名探偵コナンかぁ?)
「えっ、まさかぁ」
「その、まさかです」
「えええっ、やっぱり……。(へなへなへな)」

「おそらく、104でその会社の正しい電話番号をお調べになって電話されたとしても、そのような名前の社員はおりません。といわれるのがオチでしょうな。100%」
「そ、そ、そ、そ、そんなぁ。私はどうすればいいんでしょうか」
「たいへんお気の毒ですが、私があなたにしてあげられる唯一のことは、簡単に知らない人を信用してはいけない。という事実をお伝えするのみです」
「そうですか……。(吐息)。いい勉強になりました。先程は、いろいろ失礼なことを申し上げてすいませんでした。 しかも、お仕事中でお忙しいところ、見ず知らずのわたしにいろいろと教えてくださって、なんと、お礼を申し上げてよいやら……」
「いえいえ、お気になさらないでください。そして、今後は、そのような安易な手口に引っかからないよう、くれぐれも注意してください」
「わかりました。ありがとうございました」

電話は終わった。

でも、そんなに簡単に知らない人を信用してしまっていいのだろうか。

万が一、私がその犯人の共犯者だったとしたら……。

Copyright ©2004 www.gal-moji.com. All rights reserved.
ギャル文字ドッドコム