≠″ャ 」レ 文 字├″ッ ├ ]厶
たいくつな電車の中でもだいじょうぶ。どこでも読める短めコラム
アモルの持ち方もくじ

【14】ストライクでも無言

年に一度しか集合しない20人程度のボウリング大会。

3年前までは、スペアをとれたら大喜び。

ストライクならだれかれかまわずハイタッチ。

100を超えられたら大喜びでジャンプするほどの腕前。

まわりもその程度で、みんなと一緒にワイワイとボウリングを楽しんだ頃が懐かしい。

ところが……。

突如、気まぐれに優勝を目指すようになり練習開始。

去年は一人だけ貸し靴&ハウスボールではなく、マイシューズ&マイボールで参戦。まわりはドン引き。でも無視して投球。ストライクでも無言。

結果、スクラッチではトップだったものの、女子ハンデが1ゲームに20も付くために2位。

多少は上手くなったとはいってもド素人と大差ない実力では、ハンデや運で負けてしまうのがボウリングの怖さ。

ぶっちぎりで周囲があきれるほど上手くなるしか勝てません。

フツウの人相手にボウリングに勝って何が楽しいのか。

実は真のライバルは自分。周囲は関係なし。アベレージの向上、自己ベスト更新、パーフェクト達成など、昨日の自分を乗り越える戦いなのです。

今年の試合が10日後にせまりました。さて、練習に行くとしよう。

Copyright ©2004 www.gal-moji.com. All rights reserved.
ギャル文字ドッドコム