≠″ャ 」レ 文 字├″ッ ├ ]厶
たいくつな電車の中でもだいじょうぶ。どこでも読める短めコラム
アモルの持ち方もくじ

じゃなくて配送センターの電話番号

もう終了時間が近い。オペレーターはその日最後の電話をとった。

「あのう、センターの電話番号を教えてください」

----お客様がいまおかけになっているこちらがセンターですが。

「んじゃなくて、配送センターの電話番号!」

----お客様のお電話番号とお名前をおうかがいしてよろしいでしょうか。

「だから、配送センターの電話番号を教えてください(きっぱり)」

----お客様は配送センターへはどのようなご用件で電話をおかけになるのでしょうか。

「伝票に住所を途中までしか書いてないまんま送っちゃったっていうの」

----それで途中のセンターでお荷物が止まっているのではないかと……。

「そうなのよ。だからセンターの電話番号がわからないと連絡できないの」

----お客様のお電話番号とお名前をおうかがいしてよろしいでしょうか。

「あたしの電話番号じゃなくて、センターの電話番号を教えてください」

----まずはじめに、お客様のお電話番号を教えていただけますか。

「じゃあ、(しぶしぶ)いいますよ。090-XXXX-XXXX」

----かしこまりました。では、荷物を送ったかたのお名前をお願いいたします。

「ヨシダシンザブロウ。住所を○○町までしか書かないまんま送っちゃったって電話があったのよん」

----ありがとうございます。お客様のお名前をおうかがいしてよろしいでしょうか。

「シバサキヨシコ」

----ヨシダ様からシバサキ様へ送られたお荷物の住所が間違っていたということですね。

「違うんです」

----違うとおっしゃいますと……。

「荷物を受け取る人はヤマモトタエ」

----(ん?)お受け取りになるかたがヤマモト様で、いまお電話いただいているのはシバサキ様というと……。

「私は同居人で、その人の荷物とかいつも取りにいったりしてるんです。高齢だから」

----(なるほど)では、伝票番号をお願いします。

「え? 伝票番号? わからないわ。聞いてない」

----(あっちゃー!)では、シバサキ様の郵便番号をお願いします。

「え? 郵便番号? えっと、XXXの……。うーん。てかなんで郵便番号が必要なの?」

----では、ご住所をお願いします。

「あのう、センターの電話番号が知りたいんですけど……」

----ご住所をお聞きしないと、お客様の担当エリアの配送センターが割り出せないんです。

「そうなの? すぐそこなのに。ここから10分くらいのとこで、いまから行こうとしてたのに……。住所は○○県××市△△……」

----(えっ! いまから行くって、あと数分で配送センター閉まっちゃうぞーーっ!)では、配送センターを割り出しましたので、いよいよ、お電話番号をお知らせいたします。XXX、XXXX、……

「うわー、そんな長いの、あたし覚えられないわ。ど、どうしよう」

----(えーーーーっ! 覚えられないのになんで聞いたの???)では、こちらからセンターへ連絡いたしまして、さきほどおうかがいいたしましたお客様の正しい住所を伝えておきますのでご安心ください。

「それがね、さっきから何回かこの電話が鳴ってたんですけど出られなかったのよん。いつものセンターからだと思うんだけど……」

----(ぉぃぉぃおいおい。そこは着歴から折り返してよーーっ!!)では、わたくし○○が承りました。お問い合わせ、ありがとうございました。



【この物語は事実のようですがフィクションです】

Copyright ©2004 www.gal-moji.com. All rights reserved.
ギャル文字ドッドコム