≠″ャ 」レ 文 字├″ッ ├ ]厶
通勤通学の友。駅間で読める短編小説
「300文字小説」作品集もくじ

集中力


「あっちゃーん、ごはんよ。お部屋を片付けて降りてきなさーい!」

ぼくは部屋中に散らかったオモチャを見つめて集中した。

「はやくー!」

はいはい。きょうは焼き魚か。

「いっただきまーす」

「あっちゃん。よそでそれやっちゃだめよ。ちゃんと『お醤油をとってください』って言ってね。他の人はそんなことしないの。手を使ってとるの。わかった?」

「わかってるよママ。でも、かずくんも、ゆきちゃんもできるって」

「本当かそれは?パパの子供の頃は、そんなこと誰もできなかったぞ。見ただけで遠くにある物を引き寄せるなんて」

「あら、そういえば今日の夜、月蝕ですって」

「あっ、思い出した。理科の宿題で、月蝕の観察をしてきなさいって……」

Copyright ©2004 www.gal-moji.com. All rights reserved.
ギャル文字ドッドコム