≠″ャ 」レ 文 字├″ッ ├ ]厶
たいくつな電車の中でもだいじょうぶ。どこでも読める短めコラム
アモルの持ち方もくじ

アメの製造は甘くない

トリセツ(取り扱い説明書)をまったく読まない人がいます。

そういう私もあまり読みませんが、それは読まなくても困らないからです。

問題なのは、読まないと困るはずの人が読まないときです。

アメを食べていた妻がいいました。

「あっ。歯に詰めていたのがとれた……」

あーーー、やっちゃったよ、この人。いい歳して……。

普通そういうのは子供がやるのに……。

すぐには気付かず、なかなか溶けない物が、ずーーーと口の中に残ってたって、そりゃ異物だろーがっ!

そりゃ私にだって覚えがありますよ。小学生のころ、ミルキーとかで……。

一度やれば懲りるんですけど。

そのアメの袋には、

『お召し上がりの際には歯の詰め物(金属)等の脱落に注意してお召し上がりください。』

って、書いてあるじゃん。

せっかくの注意書きも、取説を読まない人に対しては意味なーーーし!



同じ袋には、さらにこう書いてあります。

『本品は金属探知機を使用して製造されています。』(原文のまま)

おや?金属探知機を使用してアメが製造できるとは初耳ですね。ってこれは、

「本品は金属探知機を使用して【金属片が混入しないように、ちゃんと品質検査をして】製造しています。」

という意味でしょう。日本語は正しく(笑)。

この何気ない「注意書き」から以下のやりとりがあったことがわかります。
  1. このアメを食べた人がいた

  2. その人の歯の詰め物がとれた

  3. 最初からアメに異物が混入していたと思い込んで「おたくのアメに金属片が入っていたぞ、うりゃ!」みたいな電話をかけた

  4. さしずめいまならいきなり画像がアップされて拡散

  5. 「まさかとは思いますが、その金属片、お客様ご自身の歯の詰め物(金属)ではないでしょうか?」と担当者はたずねた

  6. 「あっ。そう言われれば確かにそうだね。てへ」とお客さんは納得した

  7. このアメを発売してから、この手の電話があまりにも多い

  8. 担当者は、袋に例の注意書きを表示する案を社長に提出した

  9. その案は、みごと採用され、めでたしめでたし
アメの製造は、そんなに甘くはない。ということですねよくわかりました。


Copyright ©2004 www.gal-moji.com. All rights reserved.
ギャル文字ドッドコム